トータルビューティ科設置の専門学校へ進学|資格取得しやすい学校

記事リスト

短時間でみっちり学ぶ

勉強道具

基本的にはだれでも学べる

デザイン系の専門学校は社会人が学びに来ることも多いので夜間部が用意されていることが多いです。そのため、仕事をしながらデザインを学んでキャリアアップを目指すことが出来ます。一般的な専門学校の夜間部は2年制となっていることが多いです。しかも基本的にはどの学校も18時〜19時から2時間程度授業を行うため、昼間部と比べるとかなり濃い内容を短時間で学ぶことになります。このような理由から、専門学校の夜間部に入学することを考えている場合、しっかり授業の内容を復習する時間を確保することも考えて入学する必要があると言えるでしょう。一般的にこのような専門学校の夜間部は、高校を卒業してさえいれば誰でも入学することが可能です。デザイン系の中でもマンガなどといった才能が必要な分野では入学の選考の際に自分の作品を提出することもありますが、基本的にはどの学部も願書を提出して面接をして入学という流れとなっています。そのため、才能よりはやる気が重視される傾向があり、誰でも仕事終わりなどにデザインを学ぶことが出来ると言えるでしょう。また、夜間部でデザインを学ぶにあたって必要な学費に関しては、専門学校によって異なりますが、相場としては1年に50〜80万円程度が相場となっています。昼間部と比べると学費は安いですが、デザインとなるとPCのスペックもある程度高いものを用意しなければいけないので、1年にかかる学費は学習環境を整えるための費用を10〜15万円程度上乗せして考えておきましょう。